HOMEサガワのこだわり 指静脈認証

サガワのこだわり指静脈認証

マイナンバーは「指」で獲る。

平成27年度10月よりマイナンバーが導入されます

マイナンバーは多くの社会保険労務士がお進めする紙ベースでの保存がベスト。但し情報漏洩を防ぐため取り扱い者を限定し、保管する収納の施・解錠を限定。そのためには指静脈式金庫が一番適任。

指静脈認証

指静脈認証とは?

指静脈認証とは、近赤外線を指に透過させて得られる指の静脈パターンの画像によって個人認証を行う世界最高レベル・最先端の認証技術です。指紋認証と違い、なりすましや偽造はほとんどできなくなっています。また、かすれ指、乾燥指で認証できなかった人も静脈認証では認証可能になります。

イメージ

■登録した人の指でしか開けられない
生体認証は忘れない、無くさない、担当が替わっても登録・削除が簡単。
■誰がいつ扉を開け、いつ閉めたか履歴が残る
誰がいつ開けて、扉を閉めたか。登録一覧、削除一覧、特定の人の履歴などなど、SDカードに出力(5000件)
■特殊認定
▪一定時間しか開けられないタイムロック
▪一定時間以上(時間設定可能)扉を開けっぱなしにするとアラームがなり、履歴にも残る
▪オプション
指静脈認証により設定された人のみ金庫の扉を開けて中の収納庫も開けられる権限設定。
▪ネットワークによる一元管理
▪2名による認証で解錠する2指照合
▪カメラとの連動

マイナンバー管理におすすめの機種例(経理と併用例)

PC90V

PC90V
¥675,000(税別)

▪外寸法 W570×D622×H900mm
▪保管庫内寸 W410×D340×H669mm
▪質量 235kg 内容積 93.3リットル

マイナンバーは取り扱い担当を絞り、

紙ベースで保存がおすすめ

金庫の中にマイナンバー用バインダー保存の収納庫を設置し金庫の扉しか開けられない権限と金庫の扉及び収納庫を開けられる権限設定も可能。経理と併用してもマイナンバー収納庫は特定の人しか開けられなくできます。


日本法例保管セット

1バンイダーに40人分くらいのファイル保存可能

連動保管庫オプション価格 定価 ¥96,000(税別)

Back to Top